インプラントの費用について

歯をなくした場合の治療として、保険が適用されるものではブリッジや入れ歯が有名ですが、最近は保険が適用されないにもかかわらずインプラントを選ぶケースが増えてきているようです。
インプラントは、チタンなどの人工の歯根を歯がなくなった部分を顎の骨に埋め込み、それが定着すると歯冠をかぶせていく治療で、本物の歯のように使え、見た目も良いのが魅力となっています。


私は、かつて歯科助手として働いていた経験があるのですが、インプラントの手術にも何度か立ち会ったことがあります。

このときは、まだ一般的な治療ではなかったので、1年間にもほんの数例しか見られなかったのですが、周辺の歯を傷つけなくて良いですし、自分の歯のように復活できる治療があるのはすごいなと思っていました。

その当時はインプラント治療は1本30万円前後でしたが、調べてみたところ、今でもこのような価格で提供されていることが多いようで、数本インプラントとなるとかなりの費用がかかってくるようです。

東京の歯周病の分かりやすい情報はこちらです。

保険が適用されるようになれば、より多くの人がこのような治療を受けられるようになるのになと思います。しかし、保険が適用されないものの、高額医療費控除は受けられるので、確定申告のときには忘れずに申告しておきたいものです。


申告することで治療費の一部が返ってきますので、必要な書類などは大事にとっておきたいものです。申告自体は難しいものではないので、ぜひ行っておきたいものです。
それから治療の費用についても歯科医院によってかなり違ってくるので、1本いくらというのではなく、治療費の総額もしっかりチェックしておきたいものです。

たとえば、1本が10万円と表示されていてもそれが完成の形ではなく、インプラントを埋め込むだけの費用で歯冠の価格が含まれていないこともあるからです。



ちなみに、私が勤めていた歯科医院でも治療の総額は1本が30万円前後で、埋め込む治療のみは15万円でしたので、勘違いのないようしっかりチェックしておきたいものです。